So-net無料ブログ作成

背が伸びるサプリ【フィジカルB】商品購入
前の3件 | -

少年サッカー コーチ トラブル [少年サッカー コーチ]

少年サッカーに限らず、コーチがボランティアで親の全面サポートの上で成り立っているスポーツ少年団は、親と子供とコーチのそれぞれがよい関係性を保っていないと成り立たないものです。

ただ、感情のある人間同士が集まっている以上、まったくトラブルがないというチームを作り上げるのはハッキリ言って無理だといっても過言じゃありません。

しかし、親同士のトラブルもありますが、いちばん気分が悪くなるのが指導方法の不満によるコーチと親のトラブルですね。

これって、子供のころにサッカーと無縁だった親御さんにはそういうトラブルはないのですが、学生時代にサッカーをやってきた親御さんに限るとやたらこれが多いのですw

soccer28.jpg

言いたい気持ちはわかるのですが、同じパパさんでボランティアでコーチをしているのにあれこれと意見を言われるととてもやりにくいんですよね。

おまけに、コーチの子供がチームにいる場合選手選びがやっかいになってきます。ようするに自分の息子だから選手に選んだという「えこひいき」疑惑がささやかれます。

これは私も経験があるんですが、あきらかにコーチの子供の技量がずば抜けていたらいいのですが、目に見えた差がない場合はどうしてもこの「えこひいき」疑惑が生まれるんですよねw

かといって自分の子供に我慢させるというのもおかしいし、けっこう悩んだこともありました。

ただ、幸いだったのは私を支えてくれる親御さんもいたことでした。

間に入ってくれて冷静な話し合いの場を作ってくれ、いま思えばあの方がいなかったら私の心もくじけてしまったのではないかと思っています。

トラブルのないチームにすることは難しいですが、トラブルがあってもみんなで話し合えるようなチームでありたいですね♪

【サッカー】一人でもできるサッカー上達法オンライン(スマホやタブレットでネット環境があればどこでも見れるサッカートレーニング動画です)



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

少年サッカーのランキングに参加中です。
少しでも役に立ったと思われたら下のバナーから1票をお願いします♪

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

少年サッカー 練習メニュー 低学年 [少年サッカー 練習]

少年サッカーにはスポーツ少年団とクラブチームがありますが、皆さんご存知の通りスポ少とクラブチームでは技量の差は歴然です。

ドリブル、パス、トラップ、ヘディングのひとつひとつをとっても、クラブチームの子供たちはとにかく上手いですよね。

ところが、身長や体格にしても身体能力にしても、スポ少とクラブチームの子どもたちにそこまでの違いがないということに気が付かれるはずです。

では、どうしてクラブチームの子どもたちはあんなにサッカーが上手いのでしょうか。

その理由は、スポ少とクラブチームの練習メニューが違うからなんです。

soccer27.jpg

試合で活躍できるような選手に育てたいと思っているのに、練習内容を見てみるとリフティングばかりをやっていたらどうでしょう。これではリフティングは上手くなるでしょうが、試合で活躍できるかどうかはまったく無縁だといえますよね。

それよりはドリブルやシュート、パスなどの練習をした方が実践力はかなり身に付くはずで、前者よりも活躍できる可能性は遥かに上だと思います。

これって、大方の親御さんたちも気づいておられることなんでしょうが、そういった練習ができるクラブチームに所属させるにはいろんなハードルをクリアしなければならないので、行かせたくとも行かせられないというのが実情なんですよね。

では、子供にサッカーが上手くなってほしいと思ったら、スポ少でもできるだけ同じような練習メニューをさせてあげることです。

たとえば、低学年はボールタッチでボールに慣れさせるという練習メニューがあります。たしかにそれは大事なことですが、とかく低学年はなんとなく練習をさせて終わらせるという傾向があるようです。

低学年に限らず、なんとなくパス練習をしたりシュートを打たせたりして、最後にミニゲームをやって終了などという練習内容では、とてもクラブチームを相手に戦えるはずがありません。

そういう意味では、スポ少の練習以外での練習というのも考える必要があるのかもしれませんね。

【サッカー】一人でもできるサッカー上達法オンライン(スマホやタブレットでネット環境があればどこでも見れるサッカートレーニング動画です)




nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

少年サッカー 親 応援 [少年サッカー 親]

最近に限ったことではないのですが、少年サッカーの試合の最中についつい熱くなったお親御さんがピッチサイドで応援する姿を多く見かけます。

それだけならまだしも、自分の子供のチームに不利な判定をする審判の判断にクレームをつけたり、批判的な態度をする親御さんを見ると、逆にその子供さんが可哀そうに思えてなりません。

自分の子供を応援するのは決して悪いことだとは私も思いません。

でも、その熱心すぎる応援がかえって子供にプレッシャーを与えていることも、私たち親たちも考えてやることが必要なんじゃないのかなと思います。

soccer26.jpg

それにもう一つ、応援に加熱するあまり自分の子供に限らず、ミスをしたチームメイトの子供を注意する親御さんを見かけることがあります。

実際に、私の子供がミスをしたときにもチームメイトの親御さんが、私の子供に温かい指導をしてくださいましたw

スポーツにはミスはつきもの。ミスをしたからといって注意するのは、私は控えた方がいいのではないかと思いますね。

ミスをしてその度に注意を受けると、子供たちはきっと委縮してしまって結果的にいいプレーはできないし、伸びていかないのではないでしょうか。

そして何より、親同士のトラブルに発展することもたびたび見かけますからねw

お互いに気を付けたいものですね♪

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



太陽の光なんて気にしない!1日1回の新習慣 サンタンブロック




nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -