So-net無料ブログ作成

背が伸びるサプリ【フィジカルB】商品購入

少年サッカーのシュート練習はグランダーで [少年サッカー 練習]

私のサッカー経験は高校の時しかありません。そして特に目立って上手い子でもなかったので、技術的なことを子供たちに言うのはちょっと気が引けるんですが、一つだけ譲れない持論があります。

それは、少年サッカーに於いては、シュートの練習はグランダーで強く蹴ることを意識させた方がいいということです。

なぜなら、これは少年サッカーに限らずJリーグの試合でも、しいては国際マッチでさえゴールの枠を大きく外すシュートが、あまりにも多く見られることです。

ゴールのコーナーを狙ったんだが、惜しくも外れてしまったというのならばまだしも、ゴール前でフリーになったので絶好のチャンス、と思ったのにも関わらずシュートは大きくバーの上を越えていく…。

サッカーで俗にいう、"ふかす"というヤツですねw

soccer22.jpg

じつはこれ、何かの本で見たんですが、日本人に特に多いんだそうです。その理由は日本人の骨盤の傾きにあるということでした。

ようするに、日本人の骨盤というのはそもそも斜め上を向いているそうで、普通に蹴っても上に蹴り上げてしまうというような事だったと思います。

まあ、そうした身体的なものは別にしても、少年サッカーでは余程シュートが上手い子じゃない限り、グランダーでのシュートを推奨したいんです。

仮にシュートがキーパーの正面を突いても、ライナーのシュートは阻まれる可能性が高いけど、グランダーでのシュートはミスをする確率も高く、またキーパーがボールをファンブルする確率もとても高いんです。

そのシュート一発で決まらなくても、はじいたボールを拾ってゴールできるケースがかなりあると考えています。

ただ、当時の監督やコーチに私の持論を直接言ったことはありませんが、私と同じような考えを持った方がおられたらちょっと嬉しいかなw


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

少年サッカーのランキングに参加中です。
少しでも役に立ったと思われたら下のバナーから1票をお願いします♪

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

少年サッカーで罵声を浴びせるコーチ [少年サッカー コーチ]

以前私の長男が所属していた少年団で、ちょっとしたトラブルがありました。

それは公式戦の試合でのこと、私の息子が試合中に相手選手と交錯して倒れてけがをしてしまい、急きょ控えの選手と交代させることになったのです。

そこで当時のコーチはいつもベンチにいる6年生の子を呼び、「しっかりやって来い」と言ってピッチに入れたのですよね。

この6年生はとても真面目で練習熱心なんですが、ハッキリ言って上手くありません。だからいつも公式戦ではベンチだったんですが、この公式戦が6年生の最後の試合だったんです。

粋な計らいをするなと、私はコーチを見直したものでしたw

ただ、やっぱりその子はセンスがないのか、動きにムダがあるように見えます。コーチは「何やってるんだ、しっかりやれ!」「抜かれて突っ立ってんじゃない」などと、再三ゲキを飛ばしていました。

結局、その試合は負けてしまったんですけど、問題はその試合の後のこと。コーチのもとにやって来たのは、急きょ試合に出た6年生の子のお母さんでした。

soccer21.jpg

「あんな言い方はひどいんじゃないですか?うちの子だって一生懸命やっているんです。あんなに罵声を浴びせられたら、やろうと思ってもやれないんじゃないですか」と、けっこうな剣幕です。

私たちからすれば、普段からそんなことは聞く言葉だったんですけど、お母さんからしたら初めて聞く我が子へのゲキがショックで、罵声に聞こえたのでしょう。

でも、そのコーチは冷静でした。「罵声ととられたのは私の未熟さからですね。どうもすみません。でも、けっして私は罵声を浴びせたわけではありません。私は〇〇君が誰よりも練習していることを知っています。そして私の話をいつも真剣に聞いてくれるのも〇〇君なんです」。

険しかったお母さんの表情が少し和らぎました。そしてコーチの言葉はまだ続きます。

「私の気持ちとしては、チームの全員を出してあげたいというのが本音です。でも、お父さんお母さんにはいろんな考えの方がおられます。やはり試合は勝たなければ意味がないという方もおられるんです」。

「だから、公式戦だけは、申し訳ないがレギュラー組を先発として組んできました。でも、今日はアクシデントはありましたが、それがなくても後半は〇〇君を試合に出そうと思っていました。それが〇〇君に対する私の愛だったからです」。

その時にはすでに、お母さんの顔は涙でクシャクシャになっていました。

コーチの話はまだ続きます。

「〇〇君は中学でもサッカーをやると言ってました。今は決して上手いとは言えませんが、練習を積んでいけばきっと上手くなると私は思っています。今日の試合も、私が具体的な指示を出せば〇〇君はしっかりと動いてくれるんですよ。でも、それではダメなんです。サッカーは自分で考えて動かなければダメなんです」。

その時にはお母さんは膝をつき、両手で顔を覆いながら何度も頷いておられました。

母親が抗議しているので、バツが悪そうに離れたところで見ていた〇〇君でしたが、やがてお母さんの元へやって来ると、お母さんを立つように促しコーチに笑顔で一礼して帰って行きました。

soccer1.jpg

後日談ですが、その夜、〇〇君のお母さんから電話があり、コーチに感謝の意を述べられたそうです。

きっと〇〇君から、コーチからはいつも何かと声を掛けてもらっていることや、手伝いをすると必ずお礼を言ってくれることなど、コーチのいろんないいところを聞かされたんでしょね。

たまに相手チームのコーチが、大きな声で指示を出しているのを見ることがありますが、選手たちも一生懸命ならコーチだって一生懸命なんですよね。うがった見方をすれば罵声にも聞こえるんでしょうが、そこは相手の心を慮ることも必要ですね。

さて、この一件のあとコーチの株が上がったのは言うまでもありませんw

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

少年サッカーのランキングに参加中です。
少しでも役に立ったと思われたら下のバナーから1票をお願いします♪

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



U-23代表選手ガチャ
初回無料実施中!
超レアスター選手登場!




タグ:コーチ
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

少年サッカーブログ 久保建英 [少年サッカー ブログ]

今日少年サッカー関係のブログを見ていると、久保建英選手のJ1公式戦デビューの話が書いてありました。

昨日、味の素スタジアムでのFC東京VS北海道コンサドーレ札幌戦で、Jのトップリーグのピッチに立ったわけですが、惜しくもフリーキックは外れて得点には至りませんでした。

でも、どんな状態であってもゴールを狙うという、久保選手のプレーには本当に感動しましたね。

FKを獲得したシーンも、ドリブルで仕掛けていって倒されかけたとき、なんと彼は倒れる前にシュートを打ったんですよね。

普通の選手だったら、まず間違いなく倒れてその後に「ファウルだろ!」のアピールをするパターンです。

ところが彼は、倒されながらもシュートを打ったんです。これはとにかく素晴らしいことですね。是非みんなも見習ってもらいたいものです。

soccer20.jpg

試合後、「なにもやってないのに注目されているのがイヤ、しっかりとしたプレーで注目されるように早くなりたい」というようなことを語ってましたが、本当に素晴らしいプレイヤーが出てきましたね。

彼がこれからの日本サッカーをけん引していくことだと思いますが、ホントに東京オリンピックが楽しみになってきました♪



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

少年サッカーのランキングに参加中です。
少しでも役に立ったと思われたら下のバナーから1票をお願いします♪

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



タグ:J1
nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ